はじめの気づき

むつう整体の最も重要なことは、むつう整体は対症療法ではなく原因療法だということです。来院される方の最大の理由が愁訴(症状)の改善または消失です。
実は、これが重大な落とし穴なのです。

健康の回復と症状の消失はおなじではないという事です。症状の消失だけを追いもとめると気づかないうちに健康のレベルが下り、むしろ衰弱してしまう傾向にあります。

「病気」というのは忌むべきものでは絶対になく、真実は味方なのです。 けっして「病気」を憎悪してはいけません。むしろ、感謝すべきです。重篤な病気の存在を教えてくれたり、その奥にある大切なもの(生活・思考の偏り)に気づかさせてくれます。

その大切なものとは私たちの体を作りあげ、私たちを日々生かし、成長させ、病原菌などの外敵から身を守り、完璧に傷を修復させる力です。そして閃きや直感力の源である内なる生命力。誰の内側にも内包する自然の叡智「イネイト・インテリジェンス」なのです。

内なる自然・イネイトを最大限に発揮させることがむつう整体の最大の目的です。

結果的には症状からの解放となりますがそれが目的ではありません。症状を取るだけが目的でしたら対症療法で色々な方法があります。
症状の消失のみにこだわる方は対症療法でよろしいのかもしれません。自分の健康ですからその責任は全て自分にあります。でも、むつう整体の「イネイト哲学」に共鳴し、イネイト哲学の理解者・実践者になっていただけることをねがいます。

むつう整体は症状も病名も施術の対象ではありません。あくまでも対象は内なる自然の力「イネイト」です。 むつう整体では、病気を治しているという意識はなく、全てはあなたの内なる自然の相手をしています。

私たちはその内なる自然「イネイト」があなたの全身を滞りなくなくみたされるお手伝いをすることだけを考えます。この事を理解される事であなたは健康とは何であるかをつかめることでしょう。

むつう整体の創始者

1974年鍼灸治療院開業。カイロプラクティック治療、ホメオパシー療法の研究を経て、91年無刺激・無接触(波動)によるむつう整体治療を始める。現在、銀座中央治療室をはじめ、全国40ヵ所以上むつう整体院がある。主な書籍に「ゼロ波動の癒し(KKベストセラーズ)」「ゼロ波動健康法(たま出版)」がある
私は以前、鍼灸師として治療して、大きな成果を上げていました。しかし、どんなに症状を軽くしても、患者さんたちは別の病気で亡くなっていくという矛盾を感じ、真に癒されるとは、どういうことなのかと悩みました。そして対症療法に限界を感じて、様々な治療法や健康法の研究を重ねる中で、カイロプラクティックに出会ったのです。
カイロプラクティックとは、脊髄の歪みを治して、あらゆる病気を癒す治療法です。B・J・パーマー(1882-1961 アメリカ)は、その療法を発展させるうちに、頚椎(けいつい)1番と2番(頭と頚の付け根、頭蓋骨のすぐ下の骨)の歪みを正すだけで、ドミノ倒しのように椎骨が整い、難病が自然に治癒することに着目しました。(これをホールインワンテクニックといいます)
頚椎の歪みを正せば自然治癒力が高まるというのは、つまり、脳幹こそがイネイトを生み、全身に巡らす源だったからなのです。私は誰もが持っている生命の力を「イネイト・インテリジェンス」(内なる自然の叡智)と呼んでいますが、このイネイトが脳幹にあることに注目しました。

プロフィールページを見る。