はじめの気づき

 
むつう整体の最も重要なことは、むつう整体は対症療法ではなく原因療法だということです。来院される方の最大の理由が愁訴(症状)の改善または消失です。
実は、これが重大な落とし穴なのです。

健康の回復と症状の消失はおなじではないという事です。むしろ症状の消失だけを追いもとめると気づかないうちに健康のレベルが下り、衰弱してしまう傾向にあります。

「病気」というのは忌むべきものではなく、実は味方なのです。 「病気」を憎悪するのではなく。むしろ、体の声を聴くチャンスと捉えてみてはどうでしょうか。重篤な病気の存在を教えてくれたり、その奥にある大切なものに気づかさせるかも知れません。

その大切なものとは私たちの体を作りあげ、私たちを日々生かし、成長させ、病原菌などの外敵から身を守り、完璧に傷を修復させる力です。そして閃きや直感力の源である内なる生命力。誰の内側にも内包する自然の叡智「イネイト・インテリジェンス」なのです。

内なる自然・イネイトを最大限に発揮させることがむつう整体の最大の目的です。

結果的には症状からの解放となりますがそれが目的ではありません。症状を取るだけが目的でしたら対症療法で色々な方法があります。
しかし我々は、むつう整体の「イネイト哲学」に共鳴し、イネイト哲学の理解者・実践者になっていただけることを願っています。

むつう整体は症状も病名も施術の対象ではありません。あくまでも対象は内なる自然の力「イネイト」です。 むつう整体では、病気を治しているという意識はなく、全てはあなたの内なる自然の相手をしています。

私たちはその内なる自然「イネイト」があなたの全身を滞りなくなく満たされるお手伝いをすることだけを考えています。